競馬予想に役立つPremium Data 画像データで好走馬を簡単に発見!

スポンサーリンク

Premium Dataとは?

さまざまなデータを総合して現した各指数の中からG指数で昇順に並べ替えた一覧画像。

データ的に上から強い馬の順番で並んでいる一覧画像なので、購入していい馬と切り捨てる馬の違いが一目でわかります。

画像はターゲーット中のデータの一部と外部指数から構成したものです。


画像内に表示されている主なデータ

  • 外厩情報(先頭文字のみ使用)
  • 内包血統(種牡馬や、父又は母父に内包されている好走するために重要な血統)
    • Grey Sovereign、トニービンなど
  • 調教指標(外厩競馬独自の調教指標、追切を含む過去2週間の調教で一番速いタイムを図形で表示)
  • 予想にもっとも重要な外部指数×6個
  • その他約11個のデータ(騎手、調教師や前走3F上がりタイムを含む各データなど)
  • 外厩競馬独自の推奨馬と対抗馬表示

これらのデータを画像を通して一覧で見ることができるので、好走の可能性がある馬を楽に選べるようになります。

各項目の詳しい説明はターゲットのオンラインヘルプをご覧ください。


参考:G指数順で並び替えた出走表

1/9 中京11R シンザン記念 G3

1.9 中京11R シンザン記念 G3
1.9 中京11R シンザン記念 G3

2/6 中京11R きさらぎ賞 G3

2.6 中京11R きさらぎ賞 G3
2.6 中京11R きさらぎ賞 G3

2/6 東京11R 東京新聞杯 G3

2.6 東京11R 東京新聞杯 G3
2.6 東京11R 東京新聞杯 G3


スポンサーリンク

軸選びの重要なポイント

今年のG指数上位5頭の全成績

「299.263.251.1148」複勝率 41.1%

ご覧の通りG指数1位~5位の中に約5割の好走馬が存在します。

2/7 現時点で終了したレース数は全385レース。

385レース中、G指数1位~5位の5頭で馬連・馬単が的中したレース数は201レース。

5割以上のレースでG指数上位5頭が好走しています。

このことから、軸を選んで馬券構築する際はG指数上位5頭から選ぶことが重要だということがお分かり頂けると思います。

また単純に、G指数上位5頭を「BOX買い資金配分」で購入すればいいということもお分かり頂けると思います。



まとめ

G指数は各馬の力の差を総合的に表した指数なので、上位の馬ほど力があるというこになります。ただ数値を見るよりは画像的にデータを見る方が、直感的に馬を選びやすくなるということが言えるのではないでしょか。

通常の外厩出走表でもG指数を掲載しておりますが、さらに詳しくデータを掲載しているPremium Dataはより一層の的中率upを目指すことができます。