京都牝馬Sで好走するのはマイラーだけではない!ダイヤモンドSで穴をあける馬には傾向がある!

スポンサーリンク

2.19 京都牝馬S

京都芝1400mで開催される重賞レースですが、今年も阪神開催です。

負担重量は賞金別定。

2016年から距離がマイルから1400mに短縮され、1月施行を愛知杯に譲る形で4週間後ろへ倒されることになりました。

施行時期が変更されてから今年でまだ7回目の開催になるということ。

データが少ない上に阪神開催。

ただでさえ荒れるレースですが、今年もさらに荒れそうです。

2020年サウンドキアラを推奨し1着。

昨年は推奨馬6頭中、5頭が1~5着で的中をお届けできているレース。

当レースにつきましては昨年同様、阪神芝1400mの傾向も含めてお伝えします。


スポンサーリンク

2.19 ダイヤモンドS

東京芝3400mで開催される重賞レース。

平地競争ではステイヤーズSに次ぐ2番目の長さの距離を走るレース。

負担重量はハンデ。

2014年、2015年にフェイムゲームが史上3頭目の連覇を達成。

2018年もフェイムゲームが1着。

展開としては終始スローペースで淡々と流れ続けることが多いレースです。

昨年7番人気グロンディオーズが1着。

当レースで馬券圏内に好走する7番人気以下の穴馬には特徴的な傾向があります。


詳しくはこちら

重賞レース考察では、近10年のデータを分析し、各レースに見られる特徴や傾向をわかりやすく解説しています。

気になるポイントはこちら。